Go to Top

Jビザ申請方法

Jビザ申請方法

アメリカのビザ申請者は国籍に関わらず領事による面接を受ける必要があります。

▼アメリカ大使館面接予約方法

①DS2019を取得する
Jビザを申請するためには、まず「DS-2019」というJビザ申請許可書を取得する必要があります。アメリカ国務省が認定する団体が発行するJビザ資格証明書(Certificate of Eligibility)と呼ばれるもので、当社でこのDS-2019取得をサポートしています。

②アメリカ大使館に面接の予約をする
アメリカ大使館ウェブサイトよりビザ申請のための面接を予約してください。
・申請用紙Form160を完成させ、予約した面接日までにビザ申請料をアメリカ大使館に振込みレシートを面接時に持参してください。

③ビザ面接を受ける
 
・面接の予約日に必要な書類を用意してアメリカ大使館で面接を受けます。
・申請からビザ発給には通常1週間程度かかりますが、申請の時期や混み具合によって異なります。
 

▼J-1ビザ申請必要書類リスト

下記の書類がJビザ申請に必要です。

① パスポート

残存期間が6ヶ月以上あるもの、および過去10年間に発行された古いパスポート

② ビザ面接予約確認書
③ DS-2019 Form (J1研修許可書)

④ 写真1 枚

6ヶ月以内に撮影されたパスポートサイズのもの (5 ㎝×5 ㎝)

⑤ DS-160 「オンライン入力式ビザ申請書類」
⑥ SEVIS費用支払いレシート(Form I-901)

⑦ 英文残高証明書

3ヶ月以内の発行の物、本人または両親名義で金額は100万円以上をお薦めします。

⑧ 住民票・戸籍抄本
⑨ 最終学歴の英文成績及び卒業証明書

過去5年間で米国留学の経験がある方は、米国の学校からの成績証明書も別途ご用意ください。

⑪ DS7002(トレーニングプラン)

弊社で作成いたします。

上記書類を揃え、大使館・領事館面接時に提出して下さい。