Go to Top

日本からアメリカの仕事探し-求人サイトから直接応募

アメリカで仕事探し-求人サイトから直接応募

日本にいながら、アメリカで仕事を決めるのは、なかなか至難の業です。

また、アメリカにすでに住んでいる人でさえも、ビザなどの問題などから仕事を探すのは難しいものです。その中、少ない仕事探しの方法のひとつとして、インターネットで求人を掲載している会社に直接応募する方法があります。

日本からの応募でも受け付けてくれる会社や、旅行で渡米する機会にあわせて面接設定をしてくれる会社、担当者が日本へ出張する際に、ついでに会って面接してくれる会社などもあるようです。

積極的にアプローチして、まずは面接をしてもらう機会を作りましょう。

■インターネットで求人を掲載しているサイト

・ビビナビ(仕事探し)

・ライトハウス(求人クラシファイド)

・インフォフレッシュ(仕事探し)

多くの企業は、大きく分けて、「人材価値」労働ビザが取得できるかどうか」の2つを採用の際に検討をします。

「人材価値」とは、簡単に言うとアメリカにもたくさんの求職者がいる中でわざわざ日本から来る人を雇う価値があるどうかという判断基準で、「労働ビザ取得の可能性」とは、その人の経歴や職種から労働ビザの申請(取得)条件をクリアしているかどうかの判断基準になります。

また、ビザに関しては、あまり詳しくない会社も少なくないので、「労働ビザはお持ちですか?」や「ビザスポンサーは必要ですか?」と聞かれた際に、「自分が何ビザを取得できるのか」など、ビザの知識があれば、話しが早く進みます。

もし企業が「人材価値」があると判断すれば、あとは「ビザ」をクリアするだけです。その際に労働ビザのチョイスとして、Jビザも活用できるビザのひとつになります。

アプローチ中の企業や、選考中の企業へ、Jビザの説明が必要な場合は、企業様から弊社にお問い合わせ頂いても結構ですし、弊社から企業へご連絡させていただいても結構ですので、サポートが必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。