Go to Top

J-1ビザとは?

J-1ビザとは?

J-1Visa(Exchange Visitors Visa)は、アメリカ国務省(USIA)が認定する職種及び業種にてインターンシップ研修生に発給され、1年もしくは1年半の間、有給で研修できるビザです。

一般的にインターンシップ(研修)ビザとして知られ、ビジネス、科学、建築、法律、芸術などの分野で一般企業などで実務的な就労が可能です。詳細はアメリカ国務省のウェブサイトからもご確認いただけます。

J ビザを申請するためには、「DS-2019」というJビザ申請許可書を取得する必要があります。これはアメリカ国務省が認定する団体が発行するJビザ資格 証明書(Certificate of Eligibility)と呼ばれるもので、当社では、このDS-2019取得とアメリカ大使館でのJビザ申請をトータルサポートしています。

▼Jビザの特徴

■ 最長18ヶ月まで有給で仕事ができ、他の労働ビザに比べて、手続きも費用の負担が少ない。
■ 短大以上の学歴で申請可能。
■ 通年いつでも申請が可能。

特に日本からアメリカ現地の企業や求人に応募する場合は、他のビザでは企業の負担が多く、なかなか採用に至らない場合が多いのですが、Jビザを取得することで双方の負担やリスクが軽減できます。
 
すでにアメリカでの仕事や勤務先会社が決まっていて、Jビザ取得サービスのみ必要な方は「Jビザ取得サポートサービス」をご利用ください。