Go to Top

Jビザサポートサービス手配同意書

本同意書(同意書)は、Institute of Global Exchange(当社)と、以下の同意書に同意しご署名を頂いたInstitute of Global Exchangeによるサービス申込者(申込者)との契約とします。当社は同意書に基づき申込者に対し、DS-2019申請手続き及びアメリカ大使館でのビザ申請のサポート業務を行います。

1.  サービス料金について
当社のJビザ申請サポートサービス、及び料金は下記の通りです。

・DS2019及びJビザ申請サポート(J1)        $1,000
・DS2019及びJビザ申請サポート(J2)        $500

*スポンサー団体へのDS2019、SEVIS、障害保険、大使館面接費用など実費はすべて直接スポンサー団体、移民局、保険会社、アメリカ大使館へお支払い頂きます。
  
2.  申込み方法
当社のJビザ申請サポートサービスをご利用の際は、下記の2点を当社までお送り下さい。

・アプリケーションフォーム
・手配同意書

3.  免責事項
当社の企業紹介及びDS2019申請代行サービスは、当社の経験と知識に基づき、最善の申請を最大限努力するものですが、雇用継続や企業状態を管理する立場にはなく、またDS-2019及びビザの申請の結果を保証するものではありません。以下の事項、およびそれにより生じた結果については、当社で責任を負うことが出来ませんのでご了承下さい。

・ インターンシップ先企業の事由につき、雇用条件や研修内容の変更及び中断されてしまう場合。
・ DS-2019を発行するか否かは発行団体の判断のみに委ねられるもので、最終的なDS-2019の発行可否の責任。
・ 査証(ビザ)は、アメリカ大使館、または移民局の判断にゆだねられるもので、査証(ビザ)の結果責任。
・ DS2019発行団体、アメリカ大使館及び、移民局の都合などによるビザ発給の遅延が原因で、ご出発日の遅延や延期などが生じた場合の責任。
・ 渡航後、申請者の故意、過失、米国の法令、研修地の州の法令、発行団体の規則、公序良俗もしくは受入企業や滞在先の規則等に違反した行為により生じた責任・損害等。
・ 申込者の個人的事由、または渡航先移民局の判断により旅券・査証(ビザ)の発給を拒否された場合もしくは渡航先での入国を拒否された場合。

4.  注意事項
アメリカの移民法やビザ発給状況は、常に変化しています。JビザやDS-2019に対する規定が変更になる場合は、当社も出来る限り、迅速かつ誠実に対応致しますが、下記の事項をご理解下さい。

・当社はこのプログラムに関連する起こり得る全ての損失、傷害、要求、費用、訴訟、損害、経費、要求、責任に対しに申請者に被りません。同様に申請者もこのプログラムに関連し起こり得る全ての損失、傷害、要求、費用、訴訟、損害、経費、要求、責任を当社に被らないことに同意します。
・J1ビザも含め、アメリカ大使館はビザ申請を却下する権利を持っています。却下された場合はDS-2019の原本と却下された証明書をスポンサー団体へ返却し、払い戻し手続きを行ってください。
・研修開始後はJ1の規則に従って滞在して下さい。

5. 解約(キャンセル)について
お申込後、キャンセルする場合、もしくはビザが却下された場合など下記の費用の返金はございません。
・DS2019及びJビザ申請サポート(J1)        $1,000
・DS2019及びJビザ申請サポート(J2)        $500

申込者は、以上の内容を理解し、承諾した上で、Institute of Global Exchangeのサービスに申込み致します。

すべて入力が完了しましたら、送信ボタンを押してください。