Go to Top

良くある質問(Q&A)-プログラム全般

▼J1インターンシッププログラムについて


Q: なぜ日本人がアメリカで働けるの?

まず、アメリカの企業は人種を問わず広く門戸を開く風土があります。 また、日本との取引がある会社も多く、いざという時には日本語が堪能なスタッフが欲しいと言うニーズも 多く存在します。また、在米日本人や日本人旅行者向けサービスを提供する会社でもニーズがあります。もちろん、やる気や能力がある方には日本人・日本企業取引に限らず、どんどん活躍して欲しいとアメリカの企業は期待しています。

Q: どんなホストカンパニーを紹介してもらえるの?

受入先は全米のあらゆる業種の企業が対象となります。職種としては 【セールス&マーケティング】【事務】【旅行/ホテル】【貿易】【会計】【IT/デザイン】の6つの分野コースの求人が中心となります。

 

Q: ビザはどうするの?

J1ビザというインターンシップ用のビザを用います。取得期間は約2ヶ月程度必要です。

Q: 英語力はどれくらい必要?

参加時の平均英語力はTOEICスコア685です。オフィス内で仕事上の最低限のコミュニケーションを行うためには、一般的にTOEICスコア600以上程度の英語力が目安です。

 

 

▼選考試験について


Q: 書類選考はどのようなものですか?

応募する求人/企業が決まったら、企業へ選考の依頼をします。一般的に選考には2ステップあり、まずは書類選考があります。企業へ履歴書(英文もしくは和文)を送付し、面接に進めるかどうかを判断してもらいます。企業へ履歴書を送付する前に、無料で履歴書の添削・修正を行います。

Q: 面接試験はどのようなものですか?

書類選考を通過しましたら、次は面接です。方法としては大きく3つあり電話面接、スカイプ面接、直接面接のいづれかになります。通常この面接で、採用合否、採用条件が決定いたします。

Q: 履歴書、カバーレターは英語で用意するのですか?

書類選考の前までに英文の履歴書、カバーレターが必要になります。基本的にご自分で用意して頂いておりますが、英語に自信のない方は、サンプルをお送りいたします。その後、ご自身で作成頂き、弊社で修正・確認させていただきます。

Q: 渡航までの手続きはどの位かかりますか?

研修先企業決定後、ビザ取得に2ヶ月程度かかります。研修先企業決定は、個人差がありますが、原則的に渡航の2ヶ月前までに決定させて頂いております。

Q: 研修先企業との面接ではどのようなことが聞かれるのでしょうか?

参加者の経歴によって様々な質問が予想されますが、基本的に書類選考で合格してからの面接になりますので、参加に対する意気込み、なにが出来るかなどが一般的です。英語力をチェックするため、英語で面接が行われる場合もあります。

▼費用について


Q: 生活費はどの位かかりますか?

生活に関しては個人差がございますが、年間で約100万円~250万円程度です。

▼渡米後について


Q:  現地での住居はどうすれば良いのでしょうか?

オプショナルサービスとして渡航前に、宿泊施設をご紹介いたします。地域によっては、ホームステイがご利用出来ない場合はアパートを紹介しております。

Q: 現地で病気等の際はどうすれば良いのですか?

このプログラムに参加いただく方は全員、海外保険に加入することが条件になっております。また、日本語の通じる病院をお知らせしております。  

▼研修先企業について


Q: 給料はどのくらいですか?

参加者の能力、経験や企業の規定によって異なりますが、基本的に$1,000~$2,000/月程度企業より支払われます。

Q: 有給休暇などはあるのでしょうか?

研修先企業の規定により異なり、研修中は研修先企業の規定に従っていただきます。

Q: 研修中に会社から解雇されることはありますか?

プログラム開始後は企業の一員として勤務していただきますので、他の社員と同様の服務規程に準じ裁定され、減給、昇給、解雇の対象になります。

Q: インターンシップで勤務しながら、語学学校に通う事は出来ますか?

インターンシップではフルタイムでの研修になります。一般的に勤務外の時間(夜間、週末など)を利用して、アダルトスクールなどの語学学校に通うことが可能です。

Q: 途中解約は出来ますか?

途中でプログラムを中止して帰国する事はできます。しかし、一般常識を持って、30日前までには企業と当社に報告してください。また、参加費用などの返金はございません。