Go to Top

良くある質問(Q&A)-ビザについて

▼Jビザについて


Q:  ビザが取得出来ないことはありますか?

基本的に企業が決定して、DS-2019が取得出来れば、ビザはほぼ確実に発行されますが、過去に入国やビザでトラブルのあった方やJビザの趣旨に反する申請の場合は拒否される場合があります。

Q: アメリカにいながら、Jビザへ変更することはできますか?

すでにアメリカ国内に滞在されている方は、一度自国に帰って、Jビザの申請をする事になります。アメリカ国内で他のビザからJビザへ変更することはできません。

Q: 「2年間ルール(2 year rule) 」というものがJビザにあると聞きましたが、私にも適応されるのでしょうか?

日本の政府団体などより経済的にスポンサーされてインターンシップに参加される方は「2年間ルール」というルールが適応される場合があります。2年間ルールはJビザ終了後、帰国し、2年間は自国には留まっていなければならないというもので、その間は、ビザの取得・変更が出来ません。2年後に再度ビザ申請が可能になります。基本的に自費でプログラムに参加される方には適応されません。

Q: Jビザを取得したあと、転職は可能ですか?

Jビザでの転職は出来ません。JビザはJビザ発行団体に研修する個人と研修先の企業を登録し、研修内容に沿ってインターンシップを行うことで許可されるものです。従って、研修が続けられないという正当な理由(会社倒産、事業部廃止など)がなければ、研修先企業を変更することは出来ません。

Q: 配偶者がいるのですが、ビザはどうすればいいですか?

配偶者がいる場合は、J2ビザ(配偶者用ビザ)を取得します。配偶者ひとりひとりがJ2ビザを取得必要があり、J1ビザと一緒に申請いたします。配偶者はJ1ビザの方のステータスが有効な限り、アメリカでの滞在が可能です。

Q: Jビザ研修期間中に一時帰国することは可能ですか?

可能です。アメリカ国外に出る際は、必ず、DS-2019フォームにスポンサー団体のサインを手配する必要があります。スポンサー団体の責任者がDS-2019フォームにサインすることにより、あなたのJビザステータスが有効であり、再入国の許可を得ることになります。このサインは半年間有効で、その後は再度サインを取得する必要があります。

Q: 研修期間中に、日本の家庭の事情により、しばらく日本へ帰国しないといけなくなりました。最長どのくらいアメリカ国外に滞在できますか?

Jビザ研修中にアメリカ国外に滞在できる期間は30日間までです。理由を問わず、30日以上アメリカ国外に滞在した場合は、研修を放棄したとみなされ、Jビザのステータスは失われますので、Jビザでの再入国は出来ませんのでご注意ください。

Q: HビザのようにJビザも給料の設定に規定はありますか?

給料は企業と研修生の両者が合意する金額になり、基本的には給料設定に関する規定はございません。

Q: Jビザ期間中に英語学校などに通うことは可能ですか?

Jビザ期間中はホスト企業と契約した勤務時間(32~40時間/週)仕事をする必要がありますが、夜間や週末など、勤務時間外の時間を使って学校に行くことは可能です。